ご存じですか!

 

お仕事として、生きた動物を扱う仕事(販売・保険・貸し出し・訓練・展示、競りあっせん譲受使用)を行う場合には

動物取扱業の登録」+「動物取扱責任者の選定が必要です。

代理販売やペットシッター、出張訓練などのように、動物または飼養施設のない場合にも規制の対象になります。

動物取扱責任者の選定に必要な3つの条件のうちいずれかを満たしている必要があります。

 

@営もうとしている動物取扱業の種別ごとに半年以上の実務経験がある事

A所定の学校を卒業している事

B所定の資格を取得している事

 

 

 

動物取扱描の7つの種別

※産業動物・実験動物を除く哺乳類・鳥類・爬虫類は第1種動物取扱業になります

販売

動物の小売・卸売・繁殖・輸出入 (ペット販売)

保管

保管を目的に動物を預かる(トリミング・ペットホテル・ペットサロン・ペットシッター等)

訓練

顧客の動物を預かり訓練を行う業(トレーニング、ドッグトレーナー、動物の訓練、調教業者等)

貸出

愛玩・撮影・繁殖・その他の目的で動物を貸し出す(モデル・タレント・ペットレンタル等)

展示

動物を見せる(動物園・水族館・動物サーカス・ふれあいパーク・乗馬施設・アニマルセラピー)

競りあっせん

動物オークション会場

譲受飼養業

有償で動物を譲り受けて飼養を行う事(老犬・猫ホーム等)